活動報告

守山民報681 環境センター建設候補地市長表明に賛同する決議?

9月議会が終わりました。最終日、「環境センター建設候補地の市長表明に議会も賛同する」という決議をあげると委員会でごり押し。本会議では共産党2人は反対、他に2人退席棄権して、賛成多数で可決しました。地元合意を得るのに、議会も「応援」を示したいのが本音。でも、十分な議論のないままにこんな性急なやり方こそが、かえって気持ちを逆なですると、反対討論しました。民報680 環境センター建設地 ゴリ押し決議

守山民報679 守山市は基金潤沢!!

守山市は、ここ5年間、毎年順調に基金を積立、総額92億円。貯金があることは悪いことではありませんが、使わなければならないことに使っていないのは、問題です。民報679 市の基金残高は92 8億円

守山民報676 子ども子育て新制度 9月議会に条例提案

待機児童対策は国の責任で保育園を増設すれば解決するのに。民間参入のための基準作り。どこの自治体も大混乱です。
民報676 子ども子育て施策 格差を生まないように

守山民報671 環境センター更新候補地を市長表明

臨時議会で、環境センターの更新を現センターの場所を候補地とすると市長が表明。異例の「緊急質問」を行いました。何でそんなに急ぐのか?かえって混乱するだけ。
民報671 環境センター更新候補地の市長表明

守山民報668 児童クラブ、指定管理者で人件費こんなに違う。

 守山市内の児童クラブ(学童保育所)は指定管理者制度を導入して6年。24年度に5年の指定管理期間が満了しました。25年度から新たな指定管理者に変わったある児童クラブの決算を調べてみたら、なんと、人件費比率がこんなにも違う。しかも、人件費が低かったクラブの余剰金(470万円!!)は、別の事業に使われている。本当は児童クラブの子どものために使われるお金なのに・・・。こんなのおかしいでしょう?一般質問で取り上げます。
 民報668 市内の児童クラブ 運営こんなに違うよ~。

守山民報667 国民不在の大暴走にストップを。坪田さんがんばれ~。

集団的自衛権を一内閣の憲法解釈で認めようなんて。これは安倍ファシズムですよ!子どもたちを戦場に送ることは絶対に許さない。
 国会議席は、自民公明が多数でも、国民の意志は過半数以上、消費増税も、原発再稼働も、集団的自衛権も、絶対に認めていないから。
 その思いを、直近の滋賀県知事選挙で示そう。原発容認する人、新幹線新駅をまた作ろうという人に、滋賀県民のいのちと暮らしを守る立場は貫けません。
 民報667 国民不在の大暴走にストップかける結果を。

Page 8 of 10« First...678910