守山民報690 守山市議会12月定例会終わる。

12月議会終わりました。給食請願は、賛成共産党の2人だけ。棄権3人、反対15で不採択となりました。民主会派が反対討論「議論することがまだある。今は賛成できない」では、いつ賛成するのでしょうか?市長がするといった時?それなら議会の役割は何?
これまで何度要望してきたのでしょう。少なくとも小牧議員の25歳の子どもが生まれた時から要望しています。小牧議員の出身地山梨県では中学校給食あって当たり前。全国で8割が実施。文科省も努力義務を課す中学校給食。守山市議会議員はいつまで反対するのでしょうか。誰のための市議会議員?民報690 市議会12月定例会終わる。給食請願不採択!

守山民報689 給食請願 委員会で不採択

これだけの署名を添えても、否決ですか?市民の願いに背を向ける政治とはこのことです。ひどすぎる!! 総選挙で日本共産党は、大躍進しました。国民の願いに背を向ける政治、もう許せない。民報689  中学校給食請願を委員会で不採択

守山民報688 「政治とカネ」の温床 政党助成金

議員バッジをつけて5人以上の会派を作れば、議員歳費とは別にお金が転がり込む「政党助成金制度」国民の税金を飲み食いに使って、政治資金ですって?政治家の資質が悪くなるばかり。政党助成金受け取らない日本共産党は、この点でも筋を貫いています。だから、目線はいつも国民のくらし。民報688 「政治とカネ」の温床  政党助成金

守山民報687 いよいよ総選挙 

いよいよ総選挙。安倍政権の暴走をストップさせましょう。こんな政治が続いたら、国民の暮らしめちゃくちゃ。民報687 いよいよ総選挙

守山民報686 中学校給食を求める請願提出

「中学校給食を求める会」の皆さんが、なんと1万6705筆の署名を添えた「中学校給食を求める請願を提出されました。その数、守山市の人口の約2割です。請願者には、自治会長やPTA会長、子ども会長など55人も名を連ねています。市長も「検討チームを立ち上げる」といっている中学校給食。これだけの市民の声。もう議会も否決はできないでしょう。民報686 中学校給食を求める請願署名提出

守山民報685 小規模企業振興基本法が成立

小規模企業にも目を向けた法律が成立。大企業ばかり優遇する政治。遅すぎたとはいえ、実効性のあるのもに。民報685 小規模企業振興基本法成立

Page 12 of 16« First...1011121314...Last »